裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『行動や性格の遺伝子を探す』 カバー
→ 帯付きカバー画像 

内容見本タイトル
『行動や性格の遺伝子を探す』 内容見本


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


行動や性格の遺伝子を探す
電子書籍の購入ページへ
Amazon Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
Yahoo!ブックストア
KADOKAWA BOOK☆WALKER
BookLive!
紀伊國屋 kinoppy
オムニ7
Reader Store
ひかりTVブック
eBookJapan
honto
dブック
どこでも読書
いつでも書店
COCORO BOOKS



電子メール・アイコン

シリーズ・生命の神秘と不思議 
行動や性格の遺伝子を探す
−マウスの行動遺伝学入門−

在庫マーク

国立遺伝学研究所准教授 医博 小出 剛 著

四六判/188頁/定価1728円(本体1600円+税8%)/2018年7月発行
ISBN 978-4-7853-5127-4  C3045

電子書籍

 行動や性格と遺伝との関係に興味を持ったことがある人は多いと思います.人を観察していると,社交的であったり,とっつきにくかったり,物静かだったり,心配性だったりというように,それぞれ性格が異なることに気づきます.
 人において,行動や性格と遺伝子の関係を詳細に調べることは難しいものですが,マウスならそれができます.現在,マウスを用いて,社会行動や攻撃性,学習記憶,不安,人懐っこさなど,さまざまな行動に関わる遺伝子の詳細な機能を調べる研究が進められています.マウスの行動遺伝学は,近年のゲノム科学や神経科学,さらには行動解析技術の進歩とそれら分野間の融合により,今後さらに大きく進展することが期待されているのです.
 本書では,行動遺伝学の研究の歴史から,現在の最先端の知見までをご紹介します.


サポート情報

まえがき (pdfファイル)   おわりに (pdfファイル)   索引 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.行動や性格と遺伝子との関係
2.マウスの生態と分布
3.実験動物としてのマウス
4.マウスの遺伝学
5.マウスを用いた行動遺伝学のあゆみ
6.遺伝子から行動へのアプローチ
7.遺伝子機能解析のための新たなツール
8.行動を比較するために
9.行動における量的形質の遺伝学
10.育種学と遺伝学の接点
11.遺伝子発現とマウスの行動
12.行動遺伝学の展望

詳細目次  →『行動や性格の遺伝子を探す』目次

まえがき (pdfファイル)

1.行動や性格と遺伝子との関係  
 1.1 行動遺伝学とは  
 1.2 行動遺伝学の歴史  
 1.3 双生児研究における遺伝要因と環境要因  
 1.4 行動遺伝学におけるマウスの重要性  

2.マウスの生態と分布  
 2.1 野生マウスの生態  
 2.2 半野生環境でのマウスの行動  
 2.3 マウスの地理的分布と亜種分化  
 2.4 マウスと人との関わり  

3.実験動物としてのマウス  
 3.1 実験用マウス系統の起源  
 3.2 実験用マウス系統とはどのようなものか  
 3.3 野生マウス系統の樹立とその特徴  
 3.4 愛玩用マウスから樹立された系統  

4.マウスの遺伝学
 4.1 マウスの突然変異と遺伝子地図
 4.2 マウスゲノム配列の解読

5.マウスを用いた行動遺伝学のあゆみ
 5.1 パーキンソン病のマウスモデル
 5.2 歩行異常とてんかんのマウスモデル
 5.3 舞いネズミと聴覚異常
 5.4 概日リズムを刻む遺伝子とその変異
 5.5 意図的突然変異を誘導したことに基づく遺伝学

6.遺伝子から行動へのアプローチ
 6.1 神経系で発現する遺伝子
 6.2 学習記憶に関わる遺伝子を壊すとどうなるか
 6.3 攻撃行動を誘発する遺伝子変異
 6.4 遺伝子のデータベースとすべての遺伝子のノックアウト

7.遺伝子機能解析のための新たなツール
 7.1 狙った組織や狙った時期に遺伝子をノックアウトする方法
 7.2 狙った細胞で特定の遺伝子を壊すハサミ
 7.3 遺伝子のスイッチ
 7.4 細胞を活性化させるスイッチ

8.行動を比較するために
 8.1 行動テストで得られるデータが意味することとは
 8.2 感覚機能を調べる(味覚・嗜好性)
 8.3 感覚機能を調べる(痛覚)
 8.4 活動量を調べる
 8.5 オープンフィールド:情動性を調べるための行動テスト
 8.6 高架式十字迷路
 8.7 モーリス水迷路テスト
 8.8 音に対する驚愕反応とプレパルスインヒビションテスト
 8.9 居住者― 侵入者テスト
 8.10 マウスにおける行動テストの問題点

9.行動における量的形質の遺伝学
 9.1 量的形質の遺伝学
 9.2 行動に関わる遺伝の効果
 9.3 行動に関わる環境の効果
 9.4 交雑集団を用いた量的形質の遺伝学
 9.5 アウトブレッド集団を用いた量的形質の遺伝学
 9.6 コンソミック系統を用いた遺伝子探索

10.育種学と遺伝学の接点
 10.1 動物家畜化の歴史と選択交配研究
 10.2 従順化したラット集団の樹立と遺伝解析
 10.3 選択交配の歴史
 10.4 ヒトになつく行動の遺伝学

11.遺伝子発現とマウスの行動
 11.1 網羅的な遺伝子発現解析と行動との関連
 11.2 遺伝子システムと行動

12.行動遺伝学の展望
 12.1 これからのマウス行動遺伝学
 12.2 ゲノム編集という新たな技術を用いた行動と遺伝子の解析

おわりに (pdfファイル)
略語表
引用文献
索引 (pdfファイル)

著作者紹介

小出 剛
こいで つよし 
1961年 愛媛県生まれ.大阪大学大学院医学研究科博士課程修了.ケンブリッジ大学研究員,国立遺伝学研究所助手・助教授などを経て現職.主な著書に『マウス実験の基礎知識[第2版]』(編集,オーム社)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


この著作者の本
『行動遺伝学入門』
行動遺伝学入門


関連書籍
「シリーズ・生命の神秘と不思議」

『動物行動の分子生物学』
動物行動の分子生物学


『遺伝子と性行動』
遺伝子と性行動



教科書をお探しの先生方へ


生物学
生物学:動物学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.