裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『生命分子工学』 カバー


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

生命工学シリーズ IV 
生命分子工学
Biomolecular Science

在庫マーク

東京大学名誉教授・国立遺伝学研究所名誉教授 理博 三浦謹一郎 編

A5判/274頁/定価4400円(本体4000円+税10%)/1992年6月発行
ISBN 978-4-7853-5909-6 (旧ISBN 4-7853-5909-9)  C3045

 本書では、遺伝子工学とタンパク質工学の基礎と周囲との関係、そして将来展望を述べ、さらに擬似生命系の問題について解説した。


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

I.はじめに
 1.生命分子の化学
II.遺伝子工学
 2.DNA操作技術 −新しい遺伝情報操作技術に向けて−
 3.ベクター・発現
III.タンパク質工学
 4.部位指定突然変異
 5.タンパク質の化学修飾
 6.タンパク質と合成高分子との複合体 −タンパク質ハイブリッド−
IV.疑似生命系
 7.人工的自己増殖系
 8.人工的タンパク質合成系
 9.人工的情報物質
 10.人工的酵素

詳細目次

編集趣旨/まえがき

I.はじめに

1.生命分子の化学
 1.1 分子量による生命分子の大まかな分類
 1.2 生体高分子の構造の階層性
 1.3 生体高分子の構造の階層性と研究手段との関係
 1.4 アミノ酸残基からタンパク質へ
 1.5 20種類のアミノ酸残基の性質と役割
 1.6 核酸の構造の基礎
 1.7 核酸の立体構造をめぐって
 1.8 タンパク質の作用機構
 参考文献

II.遺伝子工学

2.DNA操作技術 −新しい遺伝情報操作技術に向けて−
 2.1 組換えDNA技術の実現
 2.2 組換えDNA技術の方法
 2.3 遺伝子の加工
 2.4 染色体レベルでのDNA操作
 2.5 染色体DNAの分画,断片化,制限酵素切断点地図
 2.6 染色体レベルでの定点加工
 おわりに
 参考文献

3.ベクター・発現
 3.1 ベクターの構造
 3.2 遺伝子発現系の構造
 3.3 大腸菌宿主・ベクター系
 3.4 枯草菌宿主・ベクター系
 おわりに
 参考文献

III.タンパク質工学

4.部位指定突然変異
 4.1 部位指定突然変異の導入法
 4.2 $\rm{H^{+}\textrm{-} ATPase(F_{0}F_{1})}$ に対する部位指定突然変異の応用
 4.3 部位指定突然変異によるタンパク質の安定化
 おわりに
 参考文献

5.タンパク質の化学修飾
 5.1 化学修飾の長所と短所
 5.2 リゾチームの化学修飾
 5.3 セリンプロテアーゼおよびSH酵素の化学修飾
 5.4 アフィニティーラベル
 5.5 タンパク質工学的応用
 5.6 安定性の増強
 5.7 ホモアルギニンの導入による方法
 5.8 タンパク質表面の親水性増強による方法
 5.9 架橋の導入による方法
 5.10 至適pHの変更
 5.11 基質特異性の変更
 参考文献

6.タンパク質と合成高分子との複合体 −タンパク質ハイブリッド−
 6.1 生体親和性の獲得を目指した合成高分子 −タンパク質ハイブリッド
 6.2 アレルゲンの化学修飾
 6.3 バイオマテリアル
 6.4 有機溶媒可溶化酵素および磁性化酵素
 参考文献

IV.疑似生命系

7.人工的自己増殖系
 7.1 人工的自己増殖系開発の意義
 7.2 $in\: vitro$ の人工的自己増殖系
 7.3 部分的に $in\: vitro$ 系を利用した人工的自己増殖系
 参考文献

8.人工的タンパク質合成系
 8.1 生体内タンパク質合成系
 8.2 試験管内タンパク質合成系
 8.3 連続式無細胞タンパク質合成系
 8.4 人工的タンパク質合成系の将来
 参考文献

9.人工的情報物質
 9.1 疑似生命系の化学
 9.2 人工的情報物質とは
 9.3 人工的情報転写系
 9.4 人工的情報解読系
 9.5 人工的情報応答系
 おわりに
 参考文献

10.人工的酵素
 10.1 アポタンパクモデル
 10.2 ビタミン $\rm{B_6}$ 活性を示す人工的酵素
 10.3 ビタミン $\rm{B_{12}}$ 活性を示す人工的酵素
 10.4 チトクローム $\rm{P\textrm{-} 450}$ 活性を示す人工的酵素
 参考文献

索引

著作者紹介

三浦 謹一郎
みうら きんいちろう 
1931年 東京都に生まれる。学習院大学理学部卒業、東京大学大学院化学系研究科博士課程修了。京都大学助手、東京大学助手、名古屋大学助教授、国立遺伝学研究所教授、東京大学教授、学習院大学生命分子科学研究所所長、千葉工業大学教授、日本分子生物学会会長、日本蛋白質科学会会長などを歴任。主な著書・訳書に『構造生物学』(朝倉書店)、『分子生物学からバイオテクノロジーへ』(共立出版)、『DNAと遺伝情報』(岩波書店)、『ワトソン遺伝子の分子生物学』(共訳、東京電機大学出版局)、『カラー 生化学』(共訳、西村書店)などがある。

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)

執筆者一覧 (pdfファイル)
(所属などは初版刊行時のものです)


姉妹書
『生命工学シリーズ』

この著作者の本
『分子遺伝学』
分子遺伝学



教科書をお探しの先生方へ


生物学
生物学:バイオテクノロジー


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.